突き蹴り投げ絞め関節、あらゆる攻防を制す!渋谷、恵比寿、原宿で必ず強くなる大道塾の最強メソッド空道を始める。

大道塾 空道とは

  • HOME »
  • 大道塾 空道とは

突き蹴り投げ締め関節、あらゆる攻防を制す

現実の闘争を想定した空道ルール

実際に当てる『空手、キックボクシング』のような打撃 、『柔道、レスリング』のような投げ技や組み技など、突き、蹴りに加え、道着を掴んでの打撃、投げ技、頭突き、肘打ち、金的蹴り、寝技、関節技、絞め技、あらゆる攻撃が認められます。

立ち技主体の総合ルール

3分で制する、寝技は30秒2回まで。こう着状態や無防備な状態を避け立ち技で制しうる総合格闘武道です。

素手を想定したルールでの実戦性と安全性

頭部には軽量のマスクを着用することで、目や鼻、口への外傷を防ぐと同時に素手による攻防が可能になります。
グローブに比べ素手は小さく軽量なため、脳へのダメージはより軽減されますが、防御においては、頭部の露出が多くなり、攻撃時には拳の負傷も多くなります。
グローブと素手とのテクニックに違いがあるのも特徴ですが、稽古ではどちらの長所もいかし練習します。

大道塾とは

『大道塾』は、により1981年に日本有数の規模を持つ打撃系の総合武道団体です。

大道塾(daido-juku)は、元極真空手全日本王者、東孝(現、大道塾塾長、代表師範)により1981年、それまでの実際に当てる空手(フルコンタクトカラテ)にボクシングのような頭部への攻防、柔道等の投げ技や寝技を加え「格闘空手」の団体として宮城県仙台市に創立されました。

現在はその競技名を『空道-くうどう-』とし東京都豊島区に総本部をおく、世界に有数の規模を持つ実際の格闘を想定した総合格闘武道の団体です。
実戦性、安全性、大衆性を理念に、国内100ヶ所以上、海外約60ヶ国の各支部が、武道スポーツ「空道」の普及に勤め、選手クラスから社会人、子供、女性まで幅広い層で世界に広がっています。

大道塾、名前の由来について

大道塾は実戦的でありながら社会に認知される武道スポーツ=空道を目指しています。

人の世の全てが修行の糧、至高に辿り着く道程となりうるという言葉から借りており、先入観や、固定観念を避け、全てを抱含し、しかし一つには偏らない自由、開放を塾是としています。
強くなるため稽古・努力が『格闘家としてだけでなく人間として完成する』ために役立つという信念から人間形成・教育の場としての道場であるという意味を込め『大道塾』と名付けられました。

中国、南宋の慧開和尚の書「無門関」の序文

「大道無門千差路有 透得此関乾坤独歩=大道無門、千差の路有り。この関を透得せば乾坤独歩ならん」を典拠とします。
即ち(仏法の)「大道(至高)に至るには一定した門がない=大道(至高)に至る路は無数にあり、四方・八面一切のものが修行になる。
この路の関(関門≒難所≒修行)を透(透≒通過)得(できれば)、乾坤(天地≒人世)を一人でも(堂々と)歩める」という言葉に由来しています。

大道塾渋谷支部問い合わせ TEL 03-3449-3134

稽古スケジュール

2018年12月17日
  • A:広尾道場

    2018年12月17日
    臨川小学校

    Rinsen Elem. Sch.
    少年部/Kids 18:30~19:30
    一般部/Adult 19:00~20:45

    See more details

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.